ワーキンググループ

GP2には、パーキンソン病の遺伝的構造の理解を深めるという同じ目標を持つ、さまざまな分野の専門家が集まっています。GP2ワーキンググループの詳細については、以下をご覧ください。

それぞれのワーキンググループメンバー一覧はこちらをクリックしてください。

難病ネットワーク

Andrew Singletonが率いる複合疾患ネットワークは、コホート統合やデータ分析ワーキンググループで構成されるGP2の複雑な部門を調整します。

モノジェニックハブ

Christine Klein、Katja Lohmann、Niccolo Mencacciが率いるモノジェニックハブは、サンプルの優先順位付け、データ分析、ポータル開発のワーキンググループで構成され、パーキンソン病を引き起こす単一遺伝子に変異がある患者と家族を研究します。

複合疾患 - コホート統合ワーキンググループ

Huw Morrisが率いるコホート統合ワーキンググループは、リスク因子遺伝子を理解するための分析のため、新規および既存コホートから臨床・遺伝子データを収集します。

モノジェニック - サンプル優先順位付けワーキンググループ

Christine KleinとKishore Kumarが率いるサンプル優先順位付けワーキンググループは、単一遺伝子ポータルからの入力に基づいてサンプルに優先順位を付けます。

複合疾患 - データ分析ワーキンググループ

Mike Nallsが率いるデータ分析ワーキンググループは、分析の維持、民主化、加速を管理し、承認済プロジェクトを持つ研究者の分析をサポートします。

モノジェニック - データ分析ワーキンググループ

Peter Heutinkが率いるデータ分析ワーキンググループは、パーキンソン病の単一遺伝子型の遺伝的基礎を特定するためにコア分析を実施します。

データおよびコード配布ワーキンググループ

Bradford Caseyが率いるデータとコード配布ワーキンググループは、有意義なデータや分析コード、結果を共有することにより、オープンサイエンスを可能にするために取り組んでいます。

モノジェニック - ポータル開発ワーキンググループ

Enza MariaValenteとShen-Yang Limが率いるポータル開発ワーキンググループは、モノジェニックポータルを作成、運営しています。

これまで取り上げられてこなかった人口集団ワーキンググループ

Ignacio Nacho Mataが率いるこれまで取り上げられてこなかった人口集団ワーキンググループは、非ヨーロッパ人種におけるパーキンソン病関連遺伝的要因の発現と分析の増加を促進します。

運営およびコンプライアンスワーキンググループ

Tatiana Foroudが率いる運営およびコンプライアンスワーキンググループは、リソース、ツール、およびテンプレートの開発を通じて、GP2データとサンプルの共有を促進します。

トレーニング、ネットワーキング、コミュニケーションワーキンググループ

Alastair Noyceが率いるトレーニング、ネットワーキング、およびコミュニケーションワーキンググループは、GP2プロジェクト全体でトレーニング、ネットワーキング、およびコミュニケーションを推進しています。