GP2 について

GP2は、多様な患者グループの遺伝子型を特定し、希少な家族性PDを研究することにより、パーキンソン病(PD)の遺伝的構造をさらに理解することを目的とした5年間のプログラムです。GP2はグローバルなコラボレーションとオープンデータに取り組んでおり、世界中の科学者と臨床医にトレーニングとリソースを提供します。

グローバルな取り組み

GP2は最先端の技術を駆使して、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、およびアメリカ大陸からのデータとサンプルを分析します。これらの取り組みは、現在研究が不十分な集団を含む多様人口のPDの遺伝的基盤の理解を変革し、それによってPDに関する知識の深いギャップに対応します。GP2はまた、PDの希少な家族遺伝的形態を研究し、新規の疾患の原因となる遺伝子および突然変異の同定に向けた詳細な遺伝子探究を行います。

GP2のビジョン

この研究では、既存のグローバルコンソーシアムとコホートの参画により、PD患者、PDリスクのある人、そして対照群ボランティアを含む数10万のサンプルを使用して遺伝子解析の取り組みを拡充します。得られたデータで、新しい生物学的理解、より優れた遺伝的解像度、より優れた疾患リスクプロファイル、およびPD全範囲に関するデータに基づいた洞察を提供します。GP2はまた、世界中の様々な科学者や臨床医にトレーニングとリソースを提供します。

オープン性+コラボレーション

GP2は、有意義で学際的なコラボレーションをサポートし、PDの主要な科学的課題に取り組むための野心的なロードマップを開発したASAP初のリソースプロジェクトです。研究を可能にするリソースを生み出し、データの民主化を目指します。

このプログラムは、神経変異コミュニティ全体にとって貴重なリソースであり、次世代のPD研究者のトレーニングに重点を置いています。GP2からの基礎データ、分析プロセス、結果は、アクセスや使用へのバリアを最小限に抑え、可能な限り迅速に研究コミュニティに提供されます。

コラボレーションしませんか

GP2は研究目的のみの調査です。このコホート申し込み書は、研究プログラムの主任研究者が、GP2研究に使われる可能性のある利用可能なデータに関する情報を共有することを目的としています。調査の開始から書類の提出を奨励しており、提案されたコホートについてさらに知るためのフォローアップを行います。

ご質問のある方はご連絡ください

コホートの提出