GP2の機会

2022年5月17日更新
当プログラムにとって進歩は非常に重要です。世界中の次世代パーキンソン病研究者にトレーニングや資金援助などを提供することに取り組んでいます。GP2は一連のプログラムを通して、神経変性研究コミュニティ全体にこのような機会を提供します。

申し込み準備のサポートとして、応募用紙の例を見ることができます。

機会に関するご質問は[email protected]までご連絡ください。

GP2トレーニングの機会

GP2 これまで取り上げられなかった人口集団 修士号プログラム UMBCのデータサイエンスMPS
応募締め切り:2022年6月15日
GP2では、ボルチモア郡メリーランド大学(UMBC)のオンラインデータサイエンス修士号の奨学金申請をするアフリカ、アジア、ラテンアメリカに拠点を置く医師や科学者を募集しています。これは2年間のオンラインプログラムです。データサイエンスのキャリアを目指す学生向けです。必修コースでは、機械学習、データ解析、データ管理をテーマにした授業を通じて、データサイエンスの基礎知識を習得します。募集の詳細と方法についてはここを参照してください。

GP2 これまで取り上げられなかった人口集団 修士号プログラム UCLの臨床神経学MSc
応募締め切り:2022年6月15日
GP2では、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)でのオンライン臨床神経学修士号の奨学金申請をするアフリカ、アジア、ラテンアメリカに拠点を置く医師や科学者を募集しています。この「ハイブリッド」遠隔教育プログラムモデルは柔軟性があり、3年間で修了することができます。ロンドンのInstitute of Neurology at Queen Squareでの対面式の研究および臨床の要素もあります。募集の詳細と方法についてはここを参照してください。

GP2採用の機会

現在GP2採用の機会はありません。後ほどアップデートをご確認ください。

パートナーシップの機会

マイケル・J・フォックス財団エドモンド・J・サフラ運動障害フェローシップ
申し込みは締め切られました。
運動障害の専門家、特にパーキンソン病その他の運動障害に関するトレーニングを受けた神経学者のニーズの高まりを受け、このプログラムは世界の8つの学術センターに資金援助し、それぞれの拠点で1名分ずつ2年間の運動障害臨床・研究者のトレーニングを支援します。このプログラムでは、しっかりとした臨床・研究環境に加え、フェローシップ研修や、運動障害の治療と研究における公平なアクセスと多様性を促進する機会を提供してくれる応募者を求めています。詳細を見てここから応募する。

これまでの機会

UCL リサーチデータプロジェクトマネジャー、GP2 プロジェクト
申し込みは締め切られました。
UCLの臨床・運動神経学部では、Huw Morris教授率いるGP2コホート統合ワーキンググループ内のGP2プロジェクト(gp2.org) で、臨床パーキンソンコホートの募集管理をするリサーチデータプロジェクトマネジャーを募集しています。詳細はこちらです。

titleGP2 これまであまり取り上げられてこなかった人口集団修士号プログラム – アフリカGP2資金によるトレーニングの機会:NIHでのFAESによるオンラインコース
申し込みは締め切られました。
GP2は2022年の春学期、国立衛生研究所 (NIH)のFoundation for Advanced Education in the Sciences (FAES) アカデミックプログラムによるバイオインフォマティクスのオンラインコースに資金提供をしています。

GP2 これまであまり取り上げられてこなかった人口集団のための修士号プログラム – アフリカ 
申し込みは締め切られました。
アフリカ在住の医師を対象に、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)での臨床神経学の遠隔修士号取得のための資金受給者を募集しています。

GP2資金によるトレーニングの機会:バーチャルアスペンコース
申し込みは締め切られました。
運動障害専門家のバーチャルアスペンコースでは低・中間所得国からの参加者のために、最大10か所まで資金援助が行われます。アスペンコース:臨床医のための運動障害包括的レビューは、2021年7月25日から29日までバーチャルに開催されます。 

これまで取り上げられてこなかった人口集団のPhDプログラムーアジアおよびラテンアメリカ
申し込みは締め切られました。
研修員がパーキンソン病(PD)遺伝学または関連の科目においてより高い学位(PhDおよび同等の)を目指せるようにアジアとラテンアメリカ在住のスーパーバイザーが資金受給に申し込むことを推奨しています。 

脳障害のゲノム学:バーチャル・ウェルカム・ゲノムキャンパス・カンファレンス
申し込みは締め切られました。
GP2は、2021年4月14日~16日に開催されるウェルカム・ゲノムキャンパス・カンファレンス脳障害のゲノム学への低・中所得国からの参加者に対し、最大10名分の資金を提供します。 

GP2資金援助の機会:UCLでの神経遺伝学ポスドク研究フェロー
申し込みは締め切られました。
UCLクイーンスクエアではGP2資金援助のある神経遺伝学の研究フェローまたはシニア研究フェローを募集しています。GP2内の神経遺伝学者またはデータ学者向けの素晴らしい機会です。 

マイケル・J・フォックス財団エドモンド・J・サフラ運動障害フェローシップ
申し込みは締め切られました。
運動障害の専門家、特にパーキンソン病その他の運動障害に関する訓練を受けた神経学者のニーズの高まりを受け、このプログラムは世界中の大学医療センターに資金援助し、2年間で運動障害臨床医・研究者を育てます。

GP2奨学金による博士号パーキンソン病表現型と進行の理解
申し込みは締め切られました。
この博士課程の研究者はUCLに籍を置き、GP2ネットワーク内のPD遺伝学の世界的リーダーと共同研究を行います。

GP2資金援助の機会:DZNEでのポスドク研究員
申し込みは締め切られました。
DZNEでは、モノジェニックデータ分析ワーキンググループを共同でリードし分析作業を調整する、GP2資金援助のあるポスドク研究員を募集しています。これは全ゲノム配列データの分析と管理スキル、そしてヒト遺伝学の知識を備えたポスドク研究員向けの素晴らしい機会です。 

GP2奨学金による博士課程 – DZNE
申し込みは締め切られました。
GP2は博士号奨学生を募集しています:「家族遺伝性パーキンソン病遺伝子の特定」博士号課程はドイツ、テュービンゲンのASAP-GP2 DZNEモノジェニック疾患コアにて、ペーター・ホイティンクが指導します。 

ウェルカムコース内のGP2資金援助:分子神経変異と治療アプローチ
申し込みは締め切られました。
ウェルカム・ゲノム・キャンパスコースでは低所得から中間所得国からの参加者のために、最大10か所まで資金援助を行います:分子神経変異と治療アプローチは2021年1月25日から29日までバーチャルで行われます。

NIHにおけるGP2資金提供を受けたオンラインコース
申し込みは締め切られました。
GP2は、2021年春学期に行われる国立衛生研究所のFoundation for Advanced Education in the Sciences (FAES) アカデミックプログラムによるオンラインコース受講生8名に対して資金提供をしています。

GP2資金援助の機会:トレーニング、ネットワーキング&コミュニケーション(TNC)コーディネーター
申し込みは締め切られました。
GP2のマイルストーン達成のためのTNCグループ全体をサポートするトレーニング、ネットワーキングおよびコミュニケーション(TNC)コーディネータのポジションの募集です。QMULに所属し、世界中のGP2パートナーと協力します。

GP2資金援助の機会:UCLでの神経遺伝学ポスドク研究フェロー
申し込みは締め切られました。
UCLクイーンスクエアではGP2資金援助のある神経遺伝学のリサーチフェローまたはシニアリサーチフェローを募集しています。神経学者またはデータサイエンティストににとってGP2での素晴らしい機会があります。here