ブログ

これらのブログではパーキンソン病の遺伝構造の理解を深めるために行われているGP2の活動に関する説明がされています。

LARGE-PD研究を通じて、パーキンソン病やゲノム研究においてあまり調査されてこなかったヒスパニック系の人々の参加を増やす

パーキンソン病の遺伝学に関するラテンアメリカ研究コンソーシアム(LARGE-PD)は、ラテンアメリカ各国におけるPDの知識を深めることに焦点を当てた地域の複数機関共同研究所として2005年に設立されました。

詳しく知る

黒人・アフリカ系アメリカ人とパーキンソン病との関連性に関する研究(BLAAC PD)の遺伝的意味合いを理解する

過去20年間、パーキンソン病を含む複雑な遺伝子疾患の研究分野では、革命的な進歩が見られました。原因変異体とリスク変異体の両方を同定することに大きな進歩があり、その結果、病因に関わる分子経路についての理解が深まりました。

詳しく知る

コホート統合ワーキンググループにおけるGP2のための臨床・遺伝子データの構築

Huw Morris氏はこのコホート統合ワーキンググループ(CIWG)の主導をしています。このブログ記事では、Huw氏が過去25年間のパーキンソン病に関する研究の概要を説明し、大規模な臨床実績研究を可能にするために、研究参加者の臨床データを調和させるCIWGの計画を紹介しています。

詳しく知る

GWASを理解する:パート2 その他の知見と助言

前回のブログ記事「GWASを理解する」のフォローアップとして、GP2複合疾患データ解析ワーキンググループは、独自のGWASを実行するための実践的なヒントと見識を提供しています。

詳しく知る